天気の良い日は、ガーデンの補修を決める。
ガーデンといっても、0.5平米くらいのちっちゃなものです。
前に住んでいた顧客が、ミニバラと芝生を植えていたのでその補修が主で、芝生に生えた雑草とドクダミを抜いて、ミニバラの補修を決める。
ドクダミは地下茎で重なるので、抜いても2週ほどで生えてくるのですが、芝生の結果壌土を掘り返すことができない結果、地下茎を追い抜くことができません。
キレイなドクダミの葉が取れたので、ドクダミメーキャップ水を作ろうと思ったのですが、香りに負けて抜いたドクダミは廃棄することにしました。
抜いたとおりごみ手提げ袋に来れるとかさ張るので、半日陽にさらしてしんなりしてからごみ手提げ袋に埋め込みました。

注目は、赤い花を塗り付けるミニバラだ。
ミニバラは勢いが良くて、長期間花を置きたのですが株が疲れてしまったようで葉が落ちてしまいました。
お礼肥のタイミングが遅れてしまったのがトリガーだと思われます。
冬のトリミングをしていなかったのですが株の構図が崩れ落ちることが無く、春の花期を控えることができました。

植物を育て上げるのが好きなので、サフィニアを育てようかと検討中です。アイフル 土日 電話

今夏に控えたブラジル、リオデジャネイロでの五輪。各舞台でずっとエースが決まっていっていますね。4階層に1ごとの今年は、父親新体操、また男女、柔道、レスリング、潜りなどメダルが期待できる舞台が数多く、新たな主役の第一歩も見られるのではないかと楽しみにしている。そんな中、予めメダルが見たいのが、作戦倉森マネジメント纏めるサッカー全国先頭U-23だ。これまでの予選などを見てきましたが、今年の組は非常に水準が高いと思います。もちろん作戦倉森マネジメントはハリルマネジメントの配下でも勤めるので、バランスがすごく良いですね。各回、五輪のままはやるのが23年齢以上のOA範囲3人物をどうするのかという実例。今回の組を見る限り無用様に感じるのですが、長いフェスティバル日数を考えると覇者スポーツマンで征服技量があり、組力を高めれる立場は必要ですね。長谷部スポーツマンや吉田スポーツマンがいれば全く違うと思いますが、最近の金崎スポーツマンもほしいですね。後は、暑さに渡り合える体力のあるスポーツマンでバッチリリードしていただけるスポーツマンの長友スポーツマンかな。ワールドカップ予選もあるので、間もなくコミュニケーションで決まってしまう。http://www.sandcastle-i.co/